auひかりに対応した無線(Wi-fi)ルーターは購入かレンタルどちらがお得か?

auひかりに対応した無線LAN(Wi-Fi)ルーターとは?

 

KDDIが提供している「auひかり」に対応した無線(Wi-Fi)ルーターは、KDDIから月々レンタルして利用する方法や、家電量販店やネットショッピングなどで購入して利用する方法があります。

しかし、一言で「auひかりに対応した無線(Wi-Fi)ルーター」といっても数多く販売されていますので、どれを選べばいいのか迷うところです。

こちらのページでは、通常想定される利用形態(マンションや都会の戸建などの規模)でコストパフォーマンスにすぐれている無線(Wi-Fi)ルーターをご紹介いたします。

無線LANの仕組みとしては、「auひかり」などの有線接続(光ファイバー)で自宅まで接続されている回線を無線LANの親機でいったん無線の信号に変換して電波で発信し、無線LANの子機(ノートPCには内蔵されている事が多い)で受信することによって、設置した無線LANの電波が届く範囲であれば、パソコンやスマートフォンなどを無線で利用できるというものです。

 

無線(Wi-Fi)ルーターはレンタルした方が得か?購入した方が得か?

最初の契約や、初期設定の時に、無線(Wi-Fi)ルーターのレンタルを薦められ、無線(Wi-Fi)ルーターをレンタルしている方も多いと思いますが、基本的に無線LANは購入した方が断然お得です!

購入した時の年間費用とレンタルした時の年間費用を比べると、圧倒的に安くなるばかりでなくレンタルをした場合、レンタル用に用意している機種なので、年式が古くなる傾向にあります。

また、近年は値段がどんどん下がり、新機種も次々とでているので、安くて良い機種が数多く発売されています。

コストパフォーマンスに優れた無線(Wi-Fi)ルーター

通常利用する形態としては、右記のバッファロー製、無線(Wi-Fi)ルーターなどがお勧めです。

 

バッファローは主にネットワーク商品を中心に販売しているメーカーで
無線(Wi-Fi)ルーターに関しては、国内トップクラスのシェアを獲得しています。

 

一昔前までは、無線(Wi-Fi)ルーターといえば数万円かかるイメージがありましたが、最近では数千円程度で高性能の無線LANブロードバンドルーターが購入できるようになりました。

通常の用途であれば、こちらで十分だと思いますが、もっと高性能の物が欲しい場合は、あと数千円かければ、ハイパワー型の製品を選ぶことも可能です。