auひかりとフレッツ光の比較

「auひかり」と「フレッツ光」(光コラボも含む)を料金、速度、サービス内容、キャンペーンなどを総合的にみて比較しました。

・速度はタイプによりますが、ホームタイプの速度は、「auひかり」が最大1Gnps(1000Mbps)、「フレッツ光」が最大1Gbpsです。マンションタイプは物件ごとに導入されているタイプ・速度が異なりますが、どちらも1Gbps、200Mbpsか100Mbpsのどれかが導入されているのが一般的です。

・料金は割引、入会時の特典を考慮せず比較し、ホームタイプ、代表的なプロバイダ込みの標準的な料金で比べると「auひかり」は月額5,460円、「フレッツ光」は(にねん割)適用時で月額5,985円なので、「auひかり」の方が安く設定されています。「フレッツ光」は格安のプロバイダが存在するので、その場合を除きます。

・提供エリアは大きく異なり、NTTの「フレッツ光」は全国展開ですが「auひかり」は主に関東圏と一部のエリアでの提供です。

・パソコンにインストールするセキュリティソフト機能はNTT西日本のフレッツ光ネクストの場合、標準でパソコン1台のセキュリティソフトのライセンスがついていますが、NTT東日本の「フレッツ光」と「auひかり」は標準ではついていませんので有料での提供です。

・光電話サービスは両方とも提供しています。

家庭だけで使う場合はあまり料金、サービス共に大差はありませんが、特殊な使い方や電話番号、オプションなどを比較すると電話会社だけに、NTTの方が多種多様のサービスを提供しています。特に法人などで複数の番号や複数のチャンネルが必要な場合は「フレッツ光」の方が優位でしょう。

 

・映像系のサービスは両者とも提供しています。

「auひかり」では数種類の映像パックを用意しています(オンデマンドTV)が、チャンネルの豊富さ、視聴方法、地デジを光回線で視聴できるなどの選択肢や柔軟性は「フレッツ光」の方がありそうです。

 

どちらを選択するかは、住所や状況によって変わってくるとは思いますが、特徴から考えると、標準の基本料金は「auひかり」が少し料金が低い分、どちらかと言うとサポートをあまり必要としない方で、機器の設定や必要な機器をそろえる等の自分でできる方向けで、「フレッツ光」はそれに比べ、利便性やサポート、が良い傾向にあり、広域で多様なサービスを展開している為に料金も若干高い印象があります。

最近では、全体的にインターネットの月額費用も安くなりキャリアごとに様々なキャンペーン実施しています。どの会社や、回線が良いか迷う場合はキャンペーンを利用して、色々と試してみるのもいかがでしょう。